ハワイのマナー

マナーを理解し、現地の人と絆を深めよう

"絶対に守るべきハワイの掟"

どの国でもそうですが、その国独自のマナーが存在します。ハワイも例外ではありません。喫煙マナー、チップ、横断歩道等で実感するでしょう。ハワイに行く前に絶対に理解しておきたいことを解説して行きます。

スポンサード リンク


▼飲酒


“お酒は21歳から”

ハワイでは、法律で飲酒は21歳からと決められており、アルコールを購入する時や、バーやクラブなどへの入店の際には身分証明書の掲示が必要です。

 

飲酒運転も日本と同じく法律違反となり、飲み口の空いたアルコール飲料を車内に置いたままでの運転も禁止とされているので、注意しましょう。

 

日本と大きく違うのがここからで、他にも飲酒に対し厳しい法律があります。

 

ハワイではアルコールの購入にあたり、時間が決められています。

 

日本では24時間のコンビニやスーパーなどでいつでも購入出来ますが、ハワイではアルコールを購入出来るのは朝6時~深夜0時のみとなっています。

 

さらに、日本でありがちな、ビーチや公園、路上などの公共の場所での飲酒も禁止されています。

 

旅行気分でうっかり忘れてしまいがちですが、これらの飲酒に関するマナーを守り楽しい旅行にしましょう。

▼喫煙


スポンサード リンク


▼ハワイ

マナー

"あわせて読みたい"

ハワイ最新記事執筆中

ハワイ画像

ここに最新のハワイ記事を執筆して行きます。

続きを読む

ハワイの記事執筆中

ハワイ画像

現在記事を執筆中です。

続きを読む

スポンサード リンク