奄美大島の海

"極上ビーチに心を奪われる人は多数"

奄美大島は一面が海・海・海!

【美しい海に遊びに行こう】このページでは奄美大島のおすすめの海を解説しています。透き通る海に気持ちの良い砂浜。場所によってはプライベートビーチで開放的なひと時を過ごす事が出来るでしょう。

スポンサード リンク



旅行にオススメな奄美大島の海

地元の方からも愛されている一度は絶対に見ておきたい奄美大島の海を厳選して紹介しています。


奄美大島の海は本島以外にも加計呂麻島に隣接している海が大変綺麗です。


夏の奄美大島にきたら是非一度足を運んでみて下さい。

観光客に人気の奄美の海を紹介して行きます。

スポンサード リンク

 

奄美大島の海の特徴

 

奄美大島の魅力といえば、何と言ってもその美しい海です。

 

東の太平洋、西に 東シナ海を望み、島を取り囲むリアス式海岸の大部分にサンゴ礁が広 がってい ます。

 

弧を描く白い砂浜にエメラルドグリーンの海が続く景観は、頭の中で思い 描く「南の島」そのものです。

 

平均20~30mという 高い透明度を誇 る海に潜れば、色鮮やかな魚たちが泳ぎ回る姿を、すぐそばで見ることが出来ます。

 

エリアは大きく分けて、東シナ海北部、東シナ海中部、太平洋北部、大島海峡の 四か所。

 

笠利湾をはじめとする東シナ海北部は、水深が浅く波も穏やかな為、海水浴やダ イビングに最適なエリアで、美しいサンゴ礁と、黒潮が育てた豊かな生物たちをじっくり観察できます。

 

東シナ海に開けた中部は、外洋ならではのダイナミッ クな景観と、透明度の高さが魅力で、海に沈む夕日は夏限定の絶景です。

 

同じく外洋に面した太平洋北部は、南で発生した台風の影響を受けてやってくる 大きな波が特徴で、全国的にも有名なサーフポイントが多くあります。

 

そして、奄美大島南部と加計呂麻島に狭まれた大島海峡は、奄美随一の美しいサンゴ礁で知られています。

 

海峡全域が国定公園に指定されており、一念を通 じてマリンス ポーツを楽しむことが出来ます。

 

奄美大島の海を守るために

 

奄美群島全体のサンゴ礁の面積は約6000ヘクタール、生息するサンゴは約220種に及びます。


この豊かなサンゴ礁は、多くの生物を育むとともに、自 然の 防波堤としても機能し、台風などの高波から島を守ってきました。


しかし近 年、奄美の人々にとってなくてはならないサンゴ礁が脅かされていま す。

温暖化による大規模な白化現象や陸上からの赤土の流入、オニヒトデの大量発生により、奄美の海全域でほとんどのサンゴ礁が被害を受けているのです。


こうしたサンゴ礁の破壊は、奄美大島に限らず、世界的にも大きな問題となっています。


この美しく豊かな海を未来へ受け継いでいくために、一人 ひとりが自分に出来ることを考えるべき時がきているのではないでしょうか。

"あわせて読みたい"

奄美大島で大人気のお好み焼き「満月」

満月のお好み焼き

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

奄美大島について(現在準備中)

奄美大島の海岸

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

スポンサード リンク