徳之島(とくのしま)

"子宝・長寿を生む安らぎの島"

奄美群島の一つで、ほぼ中心に位置する徳之島。

 

海や多彩な美景、豊かな歴史、闘牛などの熱い文化が絶妙に交差する徳之島には、沢山の魅力が詰まっています。

 

このページでは、そんな魅力溢れる徳之島について詳しく説明していきます。

スポンサード リンク



▼メニュー

 【徳之島全般】

【カテゴリー】

・遊ぶ

・観光


徳之島(とくのしま)は

奄美群島に属する離島の一つで、面積は247.76k㎡。

 

島内には徳之島町、伊仙町、天城町の3つの町があり、人口約2万4958人が暮らしています。

 

琉球と薩摩、両方からの影響を受けた歴史や文化を持ち、また独自の文化も多く持つ島です。

 

農業が盛んで、サトウキビの生産は奄美大島群島一を誇ります。

 

 

また、天然記念物のアマミノクロウサギをはじめ、ケナガネズミやトクノシマトゲネズミ、徳之島固有種であるオビトカゲモドキの存在により、「奄美・琉球」世界遺産登録の候補地に上がっています。

島中が熱狂

「闘牛の島」と言われ、全国的にも一目置かれるほど闘牛の印象が強い徳之島。

 

牛同士が激しくぶつかり合う迫力と、勢子、観客の応援が生み出す一体感と共に、子供から大人まで島中が熱気に包まれます。

 

そんな徳之島の闘牛を一目見ようと、遠路はるばる駆けつける旅行者も多いという。

アクセス方法

飛行機の場合

 

奄美本島から日本エアコミューター(JAC)が1日2便、運航しています。

所有時間は約35分。

鹿児島からは、1日4~5便で、所有時間は約1時間10分。

 

船の場合

 

奄美大島名瀬港⇔亀徳港、1日1~2便、約3時間20分。

鹿児島新港⇔亀徳港、1日1便、約15時間。

 

奄美大島名瀬港⇔平土野港、週5便、約4時間50分。

瀬戸内町古仁屋港⇔平土野港、週5便、約2時間20分。

"あわせて読みたい"

奄美大島で大人気のお好み焼き「満月」

満月のお好み焼き

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

奄美大島について(現在準備中)

奄美大島の海岸

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む