リュウキュウコケリンドウ

スポンサード リンク


“直径5mmの小さな花”


見落とさないよう注意しよう

薄紫色の可愛らしい花を咲かせるリュウキュウコケリンドウは、なんといってもそのサイズが特徴的。


なんと直径5mmという小ささで、なかなか視界に入ってこないので注意深く探さないと出会えません。


主に海岸付近、サンゴ礁の砂れき地に自生しています。


小ささはもちろん、絶滅危惧種に指定されている希少なリュウキュウコケリンドウについて、詳しく解説していきます。

スポンサード リンク



【分類】

リンドウ目 リンドウ科 リンドウ属

【分布】  

喜界島、沖永良部島


種類豊富なリンドウの中で、コケのように地面に張り付き、小さな花を咲かせることから名前が付けられたコケリンドウ。


奄美大島の喜界島や沖永良部島などに分布するリュウキュウコケリンドウは、その変種だと言われています。


花期は3~4月。

茎は高さ3~5cm、花は直径5mmと非常に小さいので、注意して探さないと見落としてしまうかもしれません。


かつては至るところで見られていましたが、森林伐採や開発によってその数は激減。

現在は絶滅危惧種に指定されています。

"あわせて読みたい"

奄美大島で大人気のお好み焼き「満月」

満月のお好み焼き

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

奄美大島について(現在準備中)

奄美大島の海岸

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

スポンサード リンク