マングローブ

スポンサード リンク


“南の国の桜”


鮮やかなピンク色が美しい

奄美大島や沖縄で、「桜」といえばヒカンザクラ(緋寒桜)を指します。


台湾から南西諸島にかけて分布し、奄美大島では1月中から満開し、2月いっぱい楽しめます。


本土では見かけない濃いピンク色の桜は、南国らしい景観を生み出します。


花見スポットとしては、龍郷町の旧国道の本茶峠(ほんちゃとうげ)や長雲峠。


大和村の奄美フォレストポリスには、約1000本の桜並木がありこちらもおすすめです。

スポンサード リンク



【分類】

バラ目 バラ科 サクラ属

【分布】  

奄美大島、沖縄、中国南部から台湾


1月~2月のまだ寒い早春に、花を咲かせるヒカンザクラ。


ヒガンザクラ(彼岸桜)と間違えやすいことから、カンヒザクラ(寒緋桜)と呼ばれることもあります。


ヒカンザクラは、淡いピンク色をしているソメイヨシノやしだれ桜と違い、濃いピンク色(緋色)をしています。


ガクも花びらと同じ濃いピンク色をしており、花びらは完全に開ききることはありません。


釣り鐘状の花を下向きに咲かせるのが特徴で、下から見上げる姿がとても可愛らしいです。


奄美大島では、奄美市名瀬から龍郷町に抜ける本茶峠(ほんちゃとうげ)の桜並木が有名で、満開時期には花見はもちろん、マラソンイベントなども行われています。

"あわせて読みたい"

奄美大島で大人気のお好み焼き「満月」

満月のお好み焼き

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

奄美大島について(現在準備中)

奄美大島の海岸

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

スポンサード リンク