マングローブ原生林

奄美大島のマングローブ

スポンサード リンク


"豊かな原生林が育む希少な動植物の宝庫"


カヌーツアーが人気のマングローブ原生林

マングローブの原生林には多くの動植物が生息しています。


カヌーでまわるツアーもあるので一度行くと良いでしょう。


インストラクターの丁寧な指導でカヌーを漕いで原生林へと入って行きます。


誰でも簡単に漕ぐことが出来るので老若男女に人気のあるツアーとなっています。


時間帯によっては大きなハサミを持ったシオマネキなど多くの希少な動植物を見る事が出来ます。


マングローブ原生林のカヌーツアーは奄美大島に来たら1度はやっておくべき遊びの1つだと思います。


奄美大島、住用のマングローブ

スポンサード リンク


【住所】

〒894-1201 鹿児島県奄美市住用町石原478

【行き方】  

アクセスは、奄美市名瀬から南方面に、国道58号線を車で約20分。


奄美大島南部、住用町のマングローブ原生林は、沖縄県西表島(いりおもてじま)に次ぐ日本第二位の規模を誇り、奄美群島国定公園特別保護地区に指定されています。

 

敷地内の公園施設「黒潮の森マングローブパーク」にある展望台から原生林を一望すれば、その雄大さに圧倒される事でしょう。

 

マングローブとは、熱帯・亜熱帯の海水と淡水が混ざった水域に生息する樹木の総称で、代表的な種類はヒルギ類です。

 

住用町のマングローブでは、主にメヒルギとオヒルギから成ります。

 

葉に塩分を貯め、その葉を水面に落とすという生態が特徴で、干潮時には広大な干潟が現れ、シオマネキ(カニの一種)などユニークな生物たちが姿を見せます。天然記念物のアマミノクロウサギや、ルリカケスなども生息しており多種多様な動植物の宝庫となっています。

 

また、人気なのがマングローブの森をカヌーで巡るツアー。

 

海面から見る景色は新鮮で、より深く奄美の自然に触れ合う事が出来ます。

 

施設内の展示物エリアでは、奄美特有の生物や絶滅危機のリュウキュウアユなどを見る事が出来、見応えたっぷりの観光スポットとなっています。

"あわせて読みたい"

奄美大島で大人気のお好み焼き「満月」

満月のお好み焼き

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

奄美大島について(現在準備中)

奄美大島の海岸

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

スポンサード リンク