笠利崎灯台

(かさりざきとうだい)

13メートルの高さを誇る笠利崎灯台
13メートルの高さを誇る笠利崎灯台

スポンサード リンク


"奄美大島最北端にそびえる真っ白な灯台"

奄美大島を車で一周する予定があれば是非最北端まで寄ってみましょう。

灯台が見えて来ます。


夜になると、月と星で描かれる海のキャンバス。

奄美大島の中で最も北に位置している岬が笠利崎です。


笠利崎の周辺ではサンゴ礁を見る事が出来ます。奄美大島の海水はそれほど自然豊かで綺麗なのです。


またソテツ,ビロウなどの樹木が多い岬になっています。


笠利崎灯台は13m程の高さとなっており、地元の人には「用岬の灯台」とも呼ばれています。


灯台が立っている場所の標高はとても高く67mの場所に立てられています。

笠利崎灯台から見下ろす景色はパノラマビューとなっており、珊瑚礁が見える海、喜界島、そしてアヤマル岬などを楽しむ事が出来ます。


この灯台から見る、海に沈む夕日は儚くも心を落ち着かせてくれます。

 

夜になると海のキャンバスに星で一面描かれ、それを月明かりが照らしてくれます。


もし訪れた時が満月であればまるで別世界に来たような気持にさせてくれるでしょう。

冬の奄美大島の海は少し寂しい
冬の奄美大島の海は少し寂しい

スポンサード リンク



【住所】

鹿児島県奄美市笠利町

【行き方】  

アクセスは、空港からさらに北部へ車で約20分。下車後灯台まで徒歩約10分。


奄美大島最北端に位置する笠利崎は、近くの集落の名前から用岬とも呼ばれており、この岬の突端に、真っ白の笠利崎灯台が立っています。


眼前に太平 洋と東シナ海の境目が見え、真っ青の海、巨大な岩石や美しいサンゴ礁を360度の大パノラマで見渡すととが出来ます。

 

夏の前後だけ見ることの出来る夕日が美しくまた満月の前には夕日と月を同時に見ることが出来るので、タイミングを合わせて訪れる事がおすすめです。


また、笠利崎は竜宮伝説発祥の地と言われており、灯台のふもとには浦島太郎とカメの像が建てられているので、こちらも人気のフォトスポットとなっています。

笠利崎のカメと浦島太郎

"あわせて読みたい"

奄美大島で大人気のお好み焼き「満月」

満月のお好み焼き

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

奄美大島について(現在準備中)

奄美大島の海岸

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

スポンサード リンク