アカヒゲ

スポンサード リンク


“綺麗な「赤い毛」をもつ小鳥”


美しく澄んださえずりを聞こう

赤褐色に綺麗な羽をもつアカヒゲ。


国内希少野生動植物に指定されているアカヒゲですが、多くの原生林が残されている奄美大島では比較的数多いアカヒゲが確認されています。


主に常緑広葉樹林に生息し、渓谷や渓流の周辺でシダなどが密生した場所などで出会うことが出来ます。


羽衣の他に声量豊かで美しいさえずりも特徴的です。


森林浴の際ひょっこり出会えることも多いので、アカヒゲのさえずりに耳を澄ませてみましょう。

スポンサード リンク



【分類】

スズメ目 ツグミ科 コマドリ属

【分布】  

奄美大島、徳之島、種子島、沖縄島北部、男女群島、トカラ列島


国の天然記念物に指定されているアカヒゲは、昔の仮名遣い「あかひけ(赤い毛)」が取り違えれたことに由来するといいます。


また、見た目が似ていることから、コマドリと学名が取り違えられ、今もなお訂正されないままといいます。


アカヒゲの全長は14cmほどで、羽衣や翼は赤褐色、体下面の羽衣は白色をしています。


オスとメスの区別がしやすく、オスは顔から胸部にかけて羽が黒く、メスは汚白色をしています。


4~6月になると、樹洞や断崖の窪みに枯れ葉やコケを持ち込みお椀のような巣を作って産卵します。


主食は昆虫やミミズで、シダなどが密生した地上で姿を見ることが出来ます。


近年では、開発による生息地の破壊、人間によって放たれたマングースやニホンイタチによる捕食で、生息数が減少しており、国内希少野生動植物にも指定されています。

"あわせて読みたい"

奄美大島で大人気のお好み焼き「満月」

満月のお好み焼き

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

奄美大島について(現在準備中)

奄美大島の海岸

準備中です。奄美大島在住のライターさんも現在募集中です。

続きを読む

スポンサード リンク